様々な知識と経験が必要な屋根塗装!外壁塗装業者でもできないことも

屋根塗装のトラブルが多発

外壁を塗装するのも、屋根を塗装するのも、要は家の外観に塗料を塗るのだから、屋根の塗装も外壁塗装業者に頼めばいいだろう。こう考える方も少なくないかと思います。しかし屋根と外壁では、大きな違いがあり、屋根塗装を行うには経験と知識が必要になります。そんな屋根塗装についてまとめてみました。

屋根塗装のトラブルが多発

「屋根を塗装したら雨漏りをするようになった」
「屋根塗装後、屋内の湿度が明らかに高くなった」
「屋根塗装をした後、屋根の一部が破損していた」
「塗装がすぐに剥げてしまった」

こういった屋根塗装に関するトラブルが多発しているそうです。これらのトラブルに関して調べてみると、屋根の塗装に関する知識不足の業者が施工を行ったというケースが多いようです。

屋根の構造に詳しくなかったトラブル

主に「スレート屋根」と呼ばれる屋根でよくみられるトラブルが、雨漏りや湿気が溜まりやすくなるトラブルです。このスレート屋根は、スレートと呼ばれるパーツが瓦のように並べられていますが、このスレートの重なる隙間を塗料で塗り埋めてしまうと問題になります。

この基本を知らずに塗料を塗ってしまうと、雨漏りを起こしたり、スレートの内側に水が溜まることにより、屋内の湿度が高くなったりという問題が発生しやすくなってしまいます。一般的にはこのスレートの隙間を確保するため「タスペーサー」を挟み込みますが、これもどのタイミングで挟み込むかが重要になります。

外壁塗装が専門の業者の場合、このような最低限の知識もない可能性があります。

塗料の選択ミスで起こるトラブル

主にコンクリート瓦やセメント瓦の屋根で発生しやすいのが、「塗料がすぐ剥げる」といったトラブルです。実はこのコンクリート瓦とセメント瓦は見分けるのが非常に難しいという特徴があります。実際に屋根の塗装を行っている業者でも、慎重に調べないとどちらか判別しづらいほどです。

この2つの瓦をなぜ見分けないといけないかというと、瓦の素材によって使用する下塗り塗料の種類が違うからです。誤った下塗り塗料を使用してしまうと、すぐに塗料が剥げてしまうことになってしまうわけです。

屋根という特殊状況が起こすトラブル

外壁塗装を中心に行っている業者の場合、普段の外壁作業では地上に立って、もしくは足場の上で塗料を塗ることになります。しかし屋根となるとそう簡単にはいきません。ある程度傾斜がついた屋根の上で、しかも自分の足元に塗料を塗ることになります。

多くの方はご存じないかと思いますが、屋根の瓦の上というのは非常に歩きにくく、キャリアのある職人でも非常に慎重に動くように常に心掛けているものです。さらに言えば都市部の住宅街でもない限り屋根の上に上がると遮るものがありません。風が吹けば想像以上の圧力を受けることになります。

歩きにくい傾斜の付いた屋根材の上で、風にさらされながら、塗料の入った容器を片手に、自分の足元に塗料を塗りつける。想像しただけでも難しい作業であり、それなりの経験がないとまともに作業はできない作業となります。

こうした状況で起こりやすいのが屋根の部分破損や、作業員のケガ、工事の遅れなどです。特に屋根の部分破損は、普段の生活では見えない部分になりますので、作業完了時に作業員から報告がない限り気づきにくいもの。やはり作業を依頼すべきは信頼できるだけの実績を持つ業者といえるでしょう。

屋根の塗装作業の流れ

こうしたトラブルが起きないように、屋根の塗装は屋根の塗装の経験が豊富な業者に依頼するに限ります。そんな屋根の塗装の簡単な流れをまとめておきましょう。

屋根の状態チェックと素材チェック

屋根塗装の契約前に行うのが「屋根のチェック」です。どのような素材の屋根か? 屋根は現状どのような状態か? などを確認し、塗装だけではなく屋根自体の修繕が必要になっていないかなどを入念にチェックします。

屋根に合わせた塗料と色の決定

屋根の素材や形状が把握できたら、その素材で私用すべき塗料の種類が決まります。同時にその種類の塗料でできるカラーリングをご依頼者様に提示し、どんな色に仕上げるかを決定します。

作業の見積もりを書面で提示

使用する塗料の種類や加工の方法、そして気に入った色が決まれば見積もり書が作成可能となります。そして見積もり書について詳しく作業内容の説明を聞き、ご依頼者様が納得したところで契約となります。

屋根の塗装の簡単な作業工程

屋根の塗装は防水や防カビなど、様々な加工が必要であるため、一般的に3度の塗り作業が施されます。最初に行う「下塗り」、続いて「中塗り」、そして「上塗り」の3度塗り重ねることで、ご依頼者様の希望に即した屋根の塗装が完了するということになります。

まとめ

屋根の塗装には多くの専門知識が必要になります。もちろん外壁塗装と近い知識はありますが、屋根には屋根の専門的な知識が存在します。この知識を持つ業者を選ぶようにしましょう。その知識を確認できるのが「作業実績」です。多くの作業実績を持つ業者は、必然的に多くの経験と知識のある業者ということができます。

練馬区・板橋区・中野区で外壁塗装と屋根塗装なら、専門知識豊富な有限会社シバペンまでご連絡ください。