外壁塗装の勘定科目は修繕費で合っている?それとも他の科目?

外壁塗装の勘定科目は修繕費で合っている?それとも他の科目?

法人名義でアパートやマンション、店舗などの建物を所有している場合、建物の資産価値を下げないためには、修理やメンテナンスを欠かすことができません。とくに、外壁塗装は建物自体の劣化を防ぐためにも、定期的に実施する必要があります。では、実際に外壁塗装を依頼した場合、かかった費用は会計上どのように処理すればよいのでしょうか。修理やメンテナンスだから単純に修繕費で処理すればいいのでしょうか。この記事では、外壁塗装の費用について、どのように会計処理すればよいのか、詳しく見ていきたいと思います。

外壁塗装の勘定科目は?

外壁塗装の勘定科目は?

アパート・マンションなどの建物には、長年の使用に対して建物が劣化していかないように、修理やメンテナンスを定期的に行うことが重要です。頑丈に見える外壁も、年々劣化していきますので、定期的なメンテナンスは欠かすことができません。塗装面のひび割れや剥がれなどをそのままにしておくと、雨漏りなどの原因になることもあります。

このように、定期的に修理やメンテナンスを行わないと、建物自体に大きなトラブルが発生し、資産価値が下がってしまうこともあります。定期的な外壁塗装は、建物のトラブルを未然に防ぐ役割があるのです。

建物の修理やメンテナンス、とくに外壁塗装にかかる費用は高額になることも多く、この費用をどのように会計処理するかは、建物の所有者にとって大きな問題になるでしょう。では、どのように会計処理することが正しいのでしょうか。

基本的には、建物の修理やメンテナンスの費用は、会計処理上、修繕費として処理することができます。
しかし、塗装の目的によっては、資本的支出として処理しなければならないときもあるのです。修繕費と資本的支出では、税務上の処理が異なります。では、修繕費となるときと、資本的支出となるときの違いはどこにあるのか見ていきましょう。

修繕費となるケース

修繕費とは、ひと言で言うと「原状回復」のための支出のことです。外壁塗装の場合も、建物を維持するために行う場合や、毀損した箇所の原状回復を行う場合に限ります。修繕費となると、年度内に全額を一括経費処理することができますので、税務上有利に働くことが多いと思います。

外壁塗装の場合も、通常はひび割れや剥がれなどの補修のために行うことが多いと思います。このような、建物の維持が目的の外壁塗装は、基本的に修繕費と見なされます。では、どのような例が当てはまるか、具体的に見ていきましょう。

まずは、外壁のひび割れや剥がれを補修するための外壁塗装です。この場合は、建物を維持することが外壁塗装の目的ですので、修繕費として扱われます。同様に、外壁の色あせなどを補修して外観を改善するために塗装し直す場合も、修繕費として扱うことができます。このように、建物の維持や管理、原状回復が目的の工事の場合は、修繕費となります。

また、定期的(3年以内)に修理やメンテナンスを行う場合も、修繕費として経費処理することができます。その他、費用が20万円未満の場合も、修繕費として認められるのですが、実際には外壁塗装は20万円以上かかることの方が多いと思いますので、このケースに当てはまる例は少ないでしょう。

資本的支出(建物)となるケース

修理やメンテナンスが必ずしも全額修繕費になるわけではありません、修繕とは、あくまで原状回復のことです。修繕をしたことで、建物の資産価値が高まったり、建物の耐用年数が延びたりした場合は、資本的支出して扱われます。資本的支出になる場合は、耐用年数にしたがって減価償却する必要があります。

修繕費ではなく資本的支出となるケースは、建物の資産価値を高めることが目的で、外壁塗装を行ったと見なされる場合です。塗装をすることで外壁の耐久性を向上したり、建物自体のデザイン変更が目的だったりする工事は、建物の資産価値を高める工事と判断されることが多くなります。また、工事費用が高額となる場合も、修繕費とは認められないことが多いようです。

建物を元の状態より豪華な外観に塗り替えたり、耐久性の良い塗料に替えたりすることが主目的の外壁塗装の場合は、建物の資産価値を高めることや、性能を上げること自体が目的だと判断されます。こうなると、修繕費では経費処理することができず、資本的支出として処理する必要があります。

まとめ

事業用に所有する建物の外壁塗装を行った場合、工事にかかった費用は確定申告が必要です。その際、外壁塗装がなんの目的で行われたかによって、修繕費なのか、資本的支出となるのか、判断する必要があります。修繕費と資本的支出では、納める税金の金額も変わってきますし、資本的支出となれば減価償却の対象にもなります。ただし、工事の金額や目的だけで判断することは難しい場合もあります。正確なことを確認したければ、税理士などの専門家に相談する必要もあるでしょう。

外壁塗装をどこに依頼するのか迷っている場合には、練馬区・板橋区・中野区の外壁塗装と屋根塗装に対応している「有限会社シバペン」までお気軽にご相談ください。