外壁塗装はなぜ必要か?その適した時期はいつか?

外壁塗装はなぜ必要か?その適した時期はいつか?

住宅のメンテナンスの代表的なものといえば「外壁塗装」があります。費用も手間もかかる外壁塗装ですが、メンテナンスせずに放置すると大変なことになってしまいます。その外壁塗装が必要になるメカニズムと、外壁塗装に適した時期についてお話ししていきます。

家の定期メンテナンス 「外壁塗装」

家の定期メンテナンス「外壁塗装」

新築の家でも中古で購入した家でも、いずれは経年劣化していきます。劣化していくのは屋根も床も、そして外壁も含まれ、家を構成するすべてのものがいずれ劣化していきます。そのまま放置しておくと割れや亀裂、ひずみといった症状がでてきてしまうので、メンテナンスをすることが大切です。特に雨風にさらされる外壁は定期的なメンテナンスが重要になってきます。

外壁の代表的なメンテナンスと言えば「外壁塗装」があります。これは雨風によって劣化してしまった外壁に塗装を塗り直すというものです。塗装を塗り直すことで得られる効果は、見た目の美しさだけと思われるかもしれませんが、実はそれだけではありません。家の機能を保護し「家が壊れる」ことを防ぐことにもなる、重要なメンテナンスになるのです。

外壁塗装の必要性とは?

放置しておくと劣化していってしまう外壁。最悪の場合だと「家が壊れる」といったことになってしまう場合もあります。しかし、「外壁が劣化したくらいで家が壊れるというのは、大げさでは?」と思われる方も多いでしょう。ここでは、外壁塗装の必要性について見ていきたいと思います。

外壁塗装に使われている塗料というのは、半永久的に効果が持続されるものではありません。効果が得られる寿命、「耐用年数」というものが定められています。その耐用年数を過ぎてしまうと、徐々に外壁の劣化が始まります。

外壁では「塗膜」という塗料の固まったものが、家の基材を保護する重要な役割を担っています。その塗膜の保護機能が劣化により失われてくると、完全に基材が露出してしまうのです。そうなると基材の劣化が急激に進行してしまい、結果、家の機能を大幅に低下させ「家が壊れる」といった状態になるのです。
そういった機能面だけでなく、色の落ちが激しくなり見た目も悪くなってしまうのも、劣化の現象のひとつです。

もちろん耐用年数を過ぎたばかりで、すぐに目に見える悪影響が出てくるわけではありません。しかし、少しずつ確実にダメージは蓄積され、やがて取り返しのつかないほどの劣化を招くこともあります。そうなってしまうと、大規模に渡るリフォームや修繕が必要になり、高額な費用がかかる事態になってしまう場合もあるのです。

このようなことから家を壊さないため、家の外観をいつまでも良くしておくため、そして、トータルのメンテナンスコストを削減するためにも、定期的なメンテナンスである外壁塗装は行うべきと言えます。

外壁塗装はいつ行うべきか?

ここからは具体的な外壁塗装の時期・タイミングについて見ていきます。
外壁塗装をおこなう時期・タイミングは家壊さないためにも、非常に重要になってきます。ではここで外壁塗装を行うべき時期をみていきましょう。

塗装が必要となるほどの、劣化症状がでている

早急に外壁塗装を行わなければならない場合があるのが、このパターン。すぐにメンテナンス業者、外壁塗装業者に連絡する準備をしなければいけない場合もあります。
具体的にどんな劣化症状がでていたら外壁塗装をする必要があるのでしょうか?

外壁塗装の劣化の症状で誰しもが気付きやすいのが、「塗料の変色」です。「壁の色が、今までと違う」といった状態です。しかし、実はこの時期ならば、すぐに外壁塗装を行わなくても大丈夫なのです。もちろんこのままの状態で放置しておけば劣化が進むことには間違いありませんが、壁にひび割れが出ていないのなら、経過観察でかまいません。また、壁の汚れが以前よりも目立つといった状態も外壁の劣化症状ではありますが、これも経過観察で良いでしょう。ただ、外壁に付着したカビ・コケ・藻などは塗装の本来の耐用年数を早めてしまうため、こまめな洗浄が必要になります。

早急に外壁塗装を行う必要がある劣化症状が「チョーキング」です。塗料の耐久度がなくなり塗料が粉状になってしまう状態です。このままの状態で放置しておくと、紫外線や雨水といった本来防げるものも防げなくなってしまい、ひび割れが発生しやすくなるのです。また、シロアリの被害にあいやすくなり、結果、高額なリフォームが必要になってしまいます。そのため、チョーキングの症状がみられたら外壁塗装を行う時期と判断し、早急に外壁塗装業者に連絡をしましょう。

築年数が10年以上経過している

建てられてから10年以上経過している住宅の場合は外壁に劣化の症状が見られなくても、外壁塗装の時期と言えるでしょう。
なぜかというと、多くの外壁に使われている「シリコン系」の塗料の耐用年数が、おおよそ10年となっているからです。その10年を過ぎているものはいくら見た目の状態が悪くなくても、外壁塗装の時期として検討を行うべきと言えます。

ライフステージの変化

「引越しして中古住宅を購入した」「両親と同居することになった」といったようなライフステージの変化も、外壁塗装を行う時期として、良いタイミングと言えます。これらの変化を見越して、子供が小さくお金がかからないうちに外壁塗装を済ませておくというのも、ひとつの手でしょう。

まとめ

以上のように外壁塗装には適した時期というものがあります。劣化放置しておく大規模な修繕が必要になるので、時期を逃さず外壁塗装を行うようにしましょう。

練馬区・板橋区・中野区の外壁塗装と屋根塗装に対応している「有限会社シバペン」では、外壁塗装はもちろん、屋根塗装やサイディングの張替え等も承っております。お気軽にご相談下さい。