外壁塗装は台風シーズン前に済ませよう!台風が来る前に外壁塗装を仕上げるメリットとは

外壁塗装は台風シーズン前に済ませよう!台風が来る前に外壁塗装を仕上げるメリットとは

外壁塗装の最大の目的は「家の倒壊を防ぐ為、外壁の耐久性を強化すること」にあります。家というのは特に風雨に晒されることで倒壊のリスクが急激に高まるものです。台風がくるシーズンというのは、ある程度移り変わりはあるものの大体決まっていますので、それまでに外壁塗装のリフォーム等はしっかり済ませておきましょう。今回は、台風シーズン前に外壁塗装を行うべきであることの理由やメリットを解説します。

外壁塗装の最大の効果とは?

外壁塗装の最大の効果とは?

まず、外壁塗装の最大の効果は「防水」です。え?そんなこと?と思うかもしれませんが、建物にとって最も恐ろしいのは何かと言われたら、火よりもむしろ「水」かもしれません。何故なら、水は液体です。つまり、水を弾く物質以外のあらゆるものに対して浸透しようとする物質なのです。

例えば木造建築の場合では、家の根幹にあたる大黒柱や、床下の木材を腐らせてしまう原因となりますし、水が原因で木材が湿ってしまうことでカビなどの繁殖にも繋がります。鉄筋の場合も同様に、水というのは鉄筋を錆びさせますので、根幹にある鉄筋が脆くなってしまう原因となります。

つまり建物において「防水」というのは、建物全体の命を守る効果というくらい重要なものなのです。台風は何でできているでしょうか?ざっくりいえば、物凄い勢いの風と、大量の「雨水」です。雨も風も、建物にとっては危険なものですが、特に「水」の危険性はあまり認識されていない傾向にありますので、塗装をしっかりすることで水の侵入は何をおいても防ぐべきなのです。

台風がもたらす被害とは?最も被害を受けるのは当然ながら「外壁」

外壁塗装をすることによって「防水」を行うことがどれだけ重要かを説明したところで、台風が来た時に想定される被害を詳しく見ていきましょう。

まずは先ほど説明した通りの「水害」、これは深刻です。先の千葉での台風被害では、床下浸水や深刻な雨漏りの被害が数多く報告されました。「屋根剤が剥がれその下の防水層が破れた」「雨樋からの排水が間に合わないほどの猛烈な雨によって外壁のひび割れなどから室内への浸水が起こった」など、その原因は外壁部や外装部の劣化や破損によるものがほとんどです。そしてその劣化や破損を産むのが台風の風害や水害なのです。

水害だけでなく風害にも注意

台風では、「風害」も起こります。台風とはそもそも熱帯低気圧の中でも最大風速が17m/s(秒速17m)以上に達するもので、一般的な無害の熱帯低気圧との定義の分類はほぼその「風速」のレベルによって行われます。

2019年9月末、千葉県南部を中心に甚大な被害をもたらした台風の最大風速は50m/sというとんでもない威力でした。この台風以降、一気に台風に対する報道姿勢は強まり、窓ガラス対策にと養生テープが大量に売れたりしましたが、一般的に窓ガラスというものは瞬間風速48.0m/sまで耐えられるように設計されているのだそうです。千葉県にやって来た台風はそれを超えています。

基本的に窓ガラスが割れる原因は風圧のみではなく風による飛来物です。一般的に風速が25〜30m/sを超えると、しっかり固定されていなければ屋根の瓦や外装が飛ばされてしまうレベルに達するといいます。基本的に台風が直撃するとこのレベルは容易に超えて来ますから、外壁部にかかる負担がどれだけのものかを窺い知ることができるでしょう。

屋根瓦やタイルをはじめとする外装材を始め、家の外装を構成するあらゆるものは、しっかり定期的にメンテナンスされていれば飛ぶことはありません。しかし長年メンテナンスをおろそかにしていると、瓦やレンガ、タイルなど軽いものから順番に、強風にさらされると吹き飛んでしまい、周辺の家の窓ガラスを割ってしまったり、最悪人にぶつかってしまったりすることもあり得ます。

また、窓ガラスが割れて室内に強風が吹き込むと、風の通り道がしっかり作られていない場合には屋根が吹き飛んで家全体が破壊されてしまう、ということもツイッターなどで拡散されて騒ぎになりました。だからこそ多くの人が窓を補強する養生テープを買い込んだのです。

外壁を台風が来る前にしっかり点検・整備しておくべき理由とは?

こうした被害を防ぐためには、出来る限り早く、可能ならば台風に見舞われる前にしっかりと外壁を点検しておくべきです。点検は経験豊富なプロの業者に頼むのはもちろん、自分でも気づいた問題点があればしっかり業者と共有しておきましょう。

台風が来る前にしっかり点検してもらい、外壁塗装の施工を行っておくと、台風が去った後の被害も補修費用も最小限で済みます。何事においても事前の備えは大事です。

また、外壁塗装を定期的に行っていない、屋根などの外装材のメンテナンスを定期的に行っていない場合に起こりうるトラブルは、自分の家の破壊だけではありません。運が悪ければ、屋根瓦や雨戸や壁材の飛散によって、近隣の家の窓ガラスを割ったり、近隣の家の壁材を破壊してしまったりということにも繋がってしまい、近所トラブルにも繋がりかねません。

こうしたトラブルによってお金も体力も浪費してしまうのは大きなダメージとなってしまうでしょう。無用なトラブルほど避けるべきものはありません。

台風シーズン前に外壁塗装の施工を頼んでおくと、思わぬメリットもある!

塗装は何回も塗料を塗っては乾かし、その上に塗っては更に乾かし、という風に重ね塗りによって効果を発揮するものなので、非常に雨に弱いもの。台風が近づいて来てから慌てて外壁塗装を行うと、結局悪天候で塗装を中止せざるを得ず結局対策が間に合わなかった、ということになりかねません。

出来る限り天候が安定している初夏頃を目安に施工を済ませておくと、想定通りの工期で工事が終わるでしょう。台風といえば夏というイメージがありますが、近年は秋に台風が来ることも多いです。それに備え、出来る限り早い時期、遅くとも8月初旬までには外壁塗装の施工を終えておくのが理想です。

また、施工前よりも当然ながら施工後の方が、業者さんは仕上がりが心配になるでしょう。事前に外壁塗装の施工を終えた家の場合だと、なるべく一定時間経過後の様子も見ようとしてくれるでしょうし、台風直後に仮に被害が出てしまった場合にも早くに対応してもらえるかもしれません。

台風前に施工を終えておくことで、物理的な被害が出ることを防ぐのみならず、被害が起きてしまった後の対応も最小限のもので済みますし、すでに建物の状態を共有している業者との関係性も出来上がっているので、対応してもらえるまでの時間も最小限になるかもしれないということです。

まとめ

以上、台風シーズン前に外壁塗装を施工しておくべき理由やそのメリットを、外壁が原因で想定される台風被害やトラブルの危険性も織り交ぜつつ、一通り解説しました。外壁塗装は天候の影響を強く受けますし、悪天候によって工期が左右される可能性があるなど、早め早めの対応をしておかないといけないものです。

特に家全体を守ることにつながる外壁塗装は経験豊富なプロに任せるのが確実です。練馬区・板橋区・中野区の外壁塗装と屋根塗装なら、「有限会社シバペン」にお任せください。お客様が認識していないような細かいポイントまでしっかりと確認してからお見積もりを出すのが当社の鉄則。事前の備えは慎重で網羅的であればあるほど効果的です。台風の報道を見て不安を感じたという方がいらっしゃれば、ぜひ一度無料お見積りからでもお気軽にご依頼ください。