外壁塗装はどういった流れで進んでいくの?準備のために知っておこう

外壁塗装はどういった流れで進んでいくの?準備のために知っておこう

外壁塗装をお願いするにあたって、 外壁塗装の流れを知っておくことは、工事に向けての準備や、心づもりをしておくにあたってとても大切なことであると言えます。といっても、どういった流れで外壁塗装が行われるのかご存知の方は少ないのではないでしょうか。そこで今回は外壁塗装の工事の流れや、工事内容についてご説明していきます。

外壁塗装の工程の流れ①外壁塗り替えのための準備

足場の組み立て

足場の組み立て

外壁塗装を 行う上でまず一番大切になるのが、足場の組立て作業です。お家の外壁の多くは手の届かない高い場所まで作業が及ぶため、職人さんが自由に動き回れるようにお家全体に足場を組み立て、上下左右に行き来できるスペースを作る必要があります。作業をする上で職人の身の安全を守るとても大切なスペースでもあります。足場はしっかり丁寧に、1日かけて設置していきます。

現在塗られている塗装を綺麗に剥がす/洗浄

足場が組み立て終わると、現在塗られている塗装を綺麗に全て剥がしていきます。塗装の上にはチリやホコリ、砂、排気ガス、 苔やカビなど様々なものが付着していますので、まずはそういった汚れから綺麗に落としていきます。汚れや塗装が残ったまま新たな塗装をしてしまうと、サビや剥がれの原因になり、せっかく塗った塗装がすぐに劣化してしまいます。土台をきれいにしておくことで、新たな塗装が密着します。

周りのものと塗装剤から守る(養生)

塗装作業に取り掛かる前に、塗装する周りの部位(窓やドア、近くにある車など)塗装が付着してしまわないようにビニールを取り付けます。この作業を養生と言います。外壁と窓は密接している場所でもあるので、 丁寧に養生作業を行います。雑にしてしまうとズレやムラの原因になります。

外壁塗装の工程の流れ②外壁の調整から塗装まで

外壁塗装が長持ちするための作業

そろそろ塗装作業へと入りたいところですが、実はまだ行わなければいけない作業があります。外壁塗装が長持ちするために、外壁表面を調整していきます。洗浄して綺麗にしたと言っても、まだ細かい塗料の残りやサビが残っている場合があります。表面に塗料やサビが残っていたり、凸凹していたりすると、むらや剥がれの原因となるため、電動工具やヤスリを使って外壁の表面をきれいに整えていきます。また時には、外壁が傷んでいたり、欠損していたりすることもあります。こういった部位の修繕もこの時に行います。

外壁を塗装していく

ついに外壁塗装です。外壁塗装は一度だけでなく、最低三度は塗り重ねなければいけません。塗料を綺麗に塗り重ねることにより、見た目も綺麗に、保護力の高い外壁に仕上げることができます。

外壁塗装の工程の流れ③最終調整から撤収まで

乾燥ののち検査/点検

塗装し終われば、しっかりと外壁を乾燥させます。しっかりと乾燥したところで、塗り残しはないか、はみ出しはしていないかなど細かいところまでチェックします。

足場の解体

最後に足場の解体です。足場の解体は慎重に行わなければいけません。というのも、せっかく綺麗に塗った外壁塗装に足場がぶつかった衝撃が加わることで、塗料が剥げてしまったり、壁が傷んでしまったりということがまれにあるからです。組み立てと同様に、解体も丁寧に行います。

外壁塗装までに準備しておくべきことはある?

ご近所さんへの挨拶まわり

外壁塗装では職人さんがお家に出入りしたり、塗装を剥がす際に騒音が生じたり、塗料の匂いがしたりと、慣れないことが多く起こるため、トラブルを避けるためにも事前にご近所さんにご挨拶しておくことが肝心です。

邪魔なものは全て撤収しておく

庭やベランダなどに物が出ている場合は中にしまったり、ご自身でビニールを張ったりして職人さんの邪魔にならないようにしましょう。

洗濯の干場を考えておく

外壁塗装中は外に洗濯物を干すこともできなくなります。一日や二日で終わる工事でもないため、洗濯物を干す場所を事前に検討しておくことをおすすめします。また窓の付近には、常に職人さんがいらっしゃる状態のため、プライバシー確保のためにも日中はカーテンを必ず掛けておきましょう。カーテンがないところには、目隠しカーテンを用意しておくことも忘れずに。

まとめ

外壁塗装の流れについてご説明させていただきました。外壁塗装には意外にも多くの工程があります。外壁塗装は、塗装そのものの工程よりも、足場組みや、外壁の土台を整えると言った事前準備が仕上がりに大きく影響する施工であることがわかりました。綺麗な仕上がりを目指したいのであれば、丁寧な施工を行う業者さんにお願いすると良いでしょう。また、工程の流れを知っておくだけで、工事への心づもりや準備を整えておくこともできるかと思います。