塗料について

一言で塗料と言っても、外壁用、屋根用、鉄部用、木部用等色々な種類があります。外壁、屋根の塗料の区分けをしてみます。

塗料の種類

  1. アクリル樹脂
  2. ウレタン樹脂
  3. シリコン樹脂
  4. フッ素樹脂

大きく分けてこの4種類に分けられるでしょう。またここから4種類に分けられるのですが、水性型、油性型、1液型、 2液型です。
あと2種類です。弾性塗料と弾性ではない塗料です。

アクリル樹脂塗料とフッ素樹脂塗料について

一般住宅ではアクリル樹脂塗料とフッ素樹脂塗料は必要がないでしょう。アクリル樹脂塗料の耐用年数が4~7年と短い為です。
フッ素樹脂塗料は耐用年数は15~18.9年と言われていますが 実際は他の部位に不具合がくる場合があるので、一般住宅には不向きだと思います。
一般住宅でもコンクリート作りの建物であるとか、外壁以外に付帯設備がなければ話は変わってきますが、サイディングの建物だからフッ素樹脂で仕上げれば15年以上待ちますよね、と言われることがあるのですが、実際はシーリング(コーキング)の劣化が起きてくるので、あまりお勧めはしていません。

ウレタン樹脂について

次にウレタン樹脂ですが、耐用年数が5~10年で費用を抑えたい場合にはいいかもしれませんが、一般住宅にはお勧めはしていません。アパートなど常にきれいにしておきたいと言うオーナー様等にお勧めしています。

シリコン樹脂について

最後がシリコン樹脂塗料です。今一番オーソドックスと言われている塗料ですが、一番種類が多い塗料です。耐用年数が10~18年と比較的長いので費用対効果が良いのではないかと考えられています。ここに遮熱塗料(アドグリーンコート) 断熱塗料(ガイナ)低汚染性能が優れている塗料などがありますが、実際には屋根だけ遮熱・断熱と言ったこともできるのでご相談下されば色々な提案もできるでしょう。
シリコン樹脂塗料の値段も手ごろな材料からフッ素樹脂と同等の耐用年数を持つものも出てきています。またサイディングの意匠を生かしたい場合にはシリコンのクリヤーUV塗装もあるので相談するといいでしょう。付加価値の高い塗料も色々と出てきています。例えば、シリコン樹脂でシリコン成分が多いもの、耐候性能、低汚染性能、遮熱性能を併せ持ったものなどです。

 

 

予算の範囲で一番いいものを提供できれば、といつも考えながら、丁寧で当り前な事を当たり前に、と施工しています。