Menu

屋根の種類・塗替え時期

Home

屋根の種類・塗替え時期

屋根の塗装は、屋根の素材によりますが10年から15年での塗り替えが必要です。
お家の屋根は、毎日、日光や雨風にさらされ、保護剤としての役割もある屋根塗装は日々劣化していきます。
目に見えない場所なので気付きにくいですが、あなたのお家の屋根も思いのほか老朽化が進んでいるかもしれません。

・家を建てて10年経っているが、屋根の様子を見たことがない。
・屋根の塗装が剥げてきている。

こんな方は、一度信頼のおける施工店に見てもらう事をお勧めします。
もちろん、当社でも屋根の状況確認は無料です。無理な営業や勝手な施工などは致しません。
親切丁寧な調査、お客様本位のご提案をさせて頂きます。

屋根の劣化事例

あなたのお家の屋根はこんな風になっていませんか?
劣化したまま放置してしまうと、屋根自体の老朽化が急スピードで進みます。
お家を建てて10年が経過しているお宅は、一度、屋根の様子を見てもらう事をお勧めします。

コケが生えた状態

塗料が剥がれてくると、防汚効果が弱まりコケが生えやすくなります。

錆びた状態

塗料の劣化と共にサビ止め効果が薄れ、一気に錆びていきます。

屋根の塗替え時期と塗装方法について

まずはご自宅の屋根の種類をご確認下さい。素材により施工方法が変わります。
下記は一般的に良く使われている屋根の素材ですが、この他にも対応可能な種類もございますので、分からない場合はお気軽にご相談ください。

コロニアル

多くの住宅で使用されているもので、いわゆるスレート屋根です。
コケやカビなどが出始めたら、塗り直しが必要です。
塗り替えの目安は10年と言われておりますが、状態にもよります。
縁切りが必要な場合は、予算によりタスペーサー差し込みをご提案しております。

鉄板

塗装補修の目安は10年~15年で、サビが出始めたら塗り直しが必要です。
高圧洗浄でしっかりと水洗いしてから、錆び止めを施して補修塗装を致します。

瓦の場合、水洗いする際に水漏れする危険があるため、塗装の塗り直しはお勧めできません。
そのため、弊社では瓦屋根の塗装は基本的に対応しておりません。